(どわーふ/Dwarf:種族名)

アストルティアに住む種族の一つ。富と技術を尊ぶ種族と呼ばれる種族で、ドワチャッカ大陸に主として住んでいる。

もともと知能レベルが高い種族で高度な文明を
誇っていたが、欲張りな性質が災いして、その
栄華を失いつつあるという。
(出典元:公式サイト5つの種族

特徴[編集 | ソースを編集]

緑色の肌とプクリポに次ぐ小さな体が特徴の種族。

全種族の中で最もきようさのステータスが高い。魔法関係のステータスは低めながらも4位タイ以下となるステータスはなく、バランスよく纏まっているといえる。

また、種族耐性として闇に対して20%のダメージ耐性を持つ。

主要人物[編集 | ソースを編集]

アグラニの町[編集 | ソースを編集]

岳都ガタラ[編集 | ソースを編集]

ドルワーム王国[編集 | ソースを編集]

その他[編集 | ソースを編集]

備考[編集 | ソースを編集]

「なかまとつくる冒険の書」(Vジャンプブックス)に記載されたDQX国勢調査2012Winterでは人間を含むすべての種族の内、ドワーフ男4%・ドワーフ女3%と最も低い人口比率となっている。

齊藤 陽介氏は「I love ドワーフ」を公言し、藤澤 仁氏もLiveアストルティアの新装備紹介スクリーンショットにドワーフを起用するなど、イメージアップを図っているが…?

関連用語[編集 | ソースを編集]

ドワ子

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。